2015年04月15日

企業としてハ

先日の株主総会で父娘の対立に一応の決着がついた大塚家具。


会員制の高級路線でハイエンド顧客を引き続き囲い込む戦略と、それを廃止してお客様がより入り易い店舗運営路線に舵を切ろうとする戦略の食い違いでもありましたnu skin 如新


企業としてハイエンドとローエンドのどちらを目指すのか。

利幅が薄くなるローエンドだけで勝負をすると確かに利益の確保も厳しくなりますnuskin 如新


米国のアップル社は数年前から両エンドに訴求するi-Phoneを販売し、高級量販店メイシーズで売られている洋服は時期を遅らせば同じ商品を系列のアウトレット等で買うことができるそうですcompass college 好唔好


これからはハイエンドを堅守しながらローエンドにも訴求できる商材やチャネルをもつ、又はローエンドに訴求しながらミドル、ハイエンド顧客を育成していく、そういう戦略が必要なのかもしれませんcompass college 好唔好



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。