2021年02月23日

ソフトタイプ、ハードタイプの違いや選び方は?

ピジョン Pigeon 乳頭保護器 授乳用 ハードタイプ 1個入 フリーサイズ 乳首のキズや痛みに,乳頭保護器,


乳頭保護器はソフトタイプとハードタイプに分かれていて、見た目も使い心地もかなり違います。

乳頭の状態や悩みによってどちらがより便利かは変わってくるので、ソフトタイプとハードタイプのそれぞれの特徴やどんな人におすすめなのかを見ていきましょう。

ソフトタイプ

ソフトタイプは薄くて柔らかいシリコン素材でできていて、乳頭にベールをはるようにすっぽりとかぶせるように装着します。

素材が薄く乳首に触れるため、傷があまり深くない場合にはおすすめです。

また、乳頭陥没や扁平乳首それに乳首が小さい場合に使いやすいです。ぴったりとかぶせるように装着するものなので乳頭の大きさによっていくつかサイズ展開されていることが多いです。

大きすぎても小さすぎても使えないので、自分の乳頭の大きさにあったものを選ぶようにしたいです。

サイズはメーカーによって様々ですがピジョンの商品を参考にすると、乳頭が11㎜以下の場合に使えるMサイズと13㎜以下の時に使えるLサイズに分かれています。

14㎜以上の場合はピジョンではハードタイプを使うように記載されていますが、海外製品だとソフトタイプでももっと大きいサイズを見つけることができますよ。

薄くて柔らかで、シリコン越しではあるものの赤ちゃんがママの乳首をいつも通りに吸う形になるので、赤ちゃんもあまり違和感なくすってくれるのではないでしょうか。

ハードタイプ

ハードタイプは哺乳瓶の乳首とほとんど変わらない形をしていて、ママの乳頭の上にかぶせて装着します。

一番の特徴は乳頭保護器のトップがママの乳頭から離れていることで、乳頭に傷ができている時には直接傷に触れずに授乳することができますよ。

ソフトタイプではどうにもならないくらい傷が深い時にはハードタイプがおすすめです。

また、サイズは1種類でフリーサイズなので、乳首が大きくて赤ちゃんが吸いにくそうな場合にもおすすめです。

乳頭保護器のサイズの測り方は?

メジャー,乳頭保護器,

乳頭保護器は、ママの乳頭のサイズで選びます。

サイズの測り方ですが、乳首の直径をメジャーなどで測ります。外周ではないので、測る時に注意しましょう。

商品に記載されている直径を確認し、サイズが合う商品を選んでください。

病院で使う場合には、助産師さんがおすすめのサイズを教えてくれることもありますよ。

乳頭保護器の使い方

ソフトタイプ

授乳,乳頭保護器,

ソフトタイプは乳頭にピタッと合うようにかぶせます。

肌に触れる部分は円形になっていることが多いですが、カットが入っている場合はその部分が上に来るようにします。

乳頭保護器を少しめくった状態でつけると、ぴったりとくっつくので授乳中に外れにくくなります。そのため、赤ちゃんが吸い始めてからは手を放してしまって大丈夫です。

赤ちゃんが慣れるまでは、先端に母乳を溜めてから飲ませると良いですよ。

ハードタイプ

ハードタイプは通気孔を上にし、ママの乳首に触れないように乗せるようにかぶせます。

赤ちゃんは乳頭ではなく乳頭保護器だけを吸うことになるので、授乳中ずっと指で保護器を抑えておくようにします。

最初は赤ちゃんもなかなか吸いにくいと思うので、まずママが搾って保護器の乳首の中に母乳をためてからくわえさせてあげるようにしましょう。その時姿勢をやや前かがみにするとやりやすいですよ。

母乳が出なくなる場合、授乳前にマッサージを

乳頭保護器を使う場合、直接乳首を吸われないので母乳の出がいつもより悪いなと思う時があるかと思います。

そんな時には授乳前におっぱいを温かいタオルであたためる、胸をさすったりゆするなどしてマッサージをすると良いでしょう。

  


Posted by zico at 18:57Comments(0)
このページの上へ▲